scrap

短歌と感想ほかまとめ

log:202204 短歌

0402 ADAM at ライブ
日の光 地上に地獄があったって浮き立つ今も嘘じゃなくって
この春を残さず食べるカクテルに沈む桜の味を覚える
駅までをライブアレンジなぞりつつ好きのかたちを無数に増やす




0412
いつまでも泣いていようね傷んでるいちごを大きな鍋で煮詰める
ぐちゃぐちゃになってるきみと手をつなぐアイスは溶けきる前が食べごろ

ぜったいに勝てない人がそばにいるあなたを好きになりたくなかった
永遠にあの子の代わりはいないけどさみしい気持ちはきみにもらった



0413 題:頬または夏
かんたんに痩せてくきみの頬骨がそこにあるのを改めて見る
前髪や睫毛の影は濃く落ちて困ったようにあなたは笑う
ぎこちなく頬に冷たい手が触れる他のひとにもこうしましたか



0415
街灯は正しくともる 手のなかの、自分のものにはできないことば
その指を静かな声を伏せられた瞳をいつか忘れたとして
まっさらな服を体になじませてようやく春を好きになってく
吐き出した息は乱れてかみさまも生きてる人とはじめてわかる
やさしさにかたちがあれば深々と降らすあなたを眺めて過ごす
大切の意味を覚える きみんちはどの部屋だって日あたりがいい
棘のある花にさわった手のひらに傷が増えても構わなかった
頬に降る雪の重みを受けながらステージで見た光を思う

短歌(自分自身の心情や記憶を詠んだもの)
アイドル短歌(ファンとしての心情や記憶を詠んだもの)
アイドル短歌の(自分の視点でアイドルについて詠んだもの)
短歌(架空の誰かを想像して詠んだもの)
アイドル短歌(アイドル自身のつもりで詠んだもの)





0416
とげとげの言葉を浴びていつもより多めの泡で体を洗う



0417 題:焦燥感
こんなにも日向があふれている午後にふたりぐみってことばがこわい
振り向くと誰もいません 遠くから聞こえる声は高く弾んで
夢だって思ったところで醒めなくてえんえん自分を繰り返してく

題:担降り
さよならは口にしたっけいちばんに名前を出さなくなったそのひと
手のひらの厚みも声も好きだった大切だったうそじゃなかった
いつまでもしあわせでいてぐらついてそれでも舞台を降りないでいて



0419
眠り姫、怖い夢なら呼んでくれぼくがきれいに平らげたげる
おそろいのあかいほっぺでごきげんにうたってさしあげましょう、あねうえ
眠り姫、早く起きてよ冒険へ一緒に行くって約束だろう



0425 題:郵便(物)
空箱にしまった手紙は折り目からもろく崩れて膝上に降る
きみのことぜんぶ知りたくなっちゃって手書きの文字も食べてしまった
いい加減消えちゃおっかな封筒に書かれた名前を細切れにする

log:202204 アイドル短歌

20220406
滝沢歌舞伎ZERO 2022
コミュニティ4月題詠:新、咲

まっさらな服を体になじませてようやく春を好きになってく
全身を震わす声を聞き違うことはないって強く誓うよ
いつからか咲いてた花にあいさつを 今年もあなたに会えてうれしい




20220410
映画 おそ松さん
右から:6つ子(長男〜末っ子)、物語終わらせ師(エンド・クローズ・ピリオド)

兄さんと呼んでてくれよ平凡なおれにかたちを与えてくれよ
誰ひとり先の読めない筋書きのストーリーこそおれに似合いだ
真っ当なふりをするにもコツがいるきみを笑わすことができない
底辺にいたって夢を見ることは許されている 生まれ変わって、
にぎやかでさみしいきみは特異点だれも知らない惑星にいる
まばたきは多めに笑みは絶やさずにかわいこぶるのもぼくの才能
‪おしまいはすぐそこにいて手を振ったハロー、まただ きみのいる世界‬
‪家電ほど単純じゃないぼくたちの明日を殴り幕引きとする‬
定石の通用しないやつといて物語には終わりがこない




20220417
Snow Man 深澤辰哉
BARFOUT! vol.319

ここにいるぼくじゃなければ春草のにおいを嗅ぎもしなかったろう
深くまで手を差し入れて心臓の(または痛みの)位置を覚える
目のふちに触れるとわずかに濡れている かなしいことはないよ、なんにも




20220420
お題:東京または動機

ほとんどが光の粒だ天井のそばからきみと信じて見てる
生きてる、と、どうしようもなくあなただ、とぶん殴られて思い知りたい

行けてない東京ドームも三回目集団接種であれば入れる



20220423
Snow Man 深澤辰哉
JELLY6月号

きみの顔もっとはっきり見たくって目深にかぶった帽子をずらす
特別にほんとのぼくを教えちゃう、なんてね おどけてみせてばいばい
強張った唇だってほどけてく誰よりやさしい魔法をあげる




20220426
何度でも巡り合おうね巻き戻すあなたは決していなくならない

log:202203 短歌

0301 短歌桜(3首目のみ新)
さみしいとおなかがへったを間違えてぬるいごはんを食べながら泣く
くたびれた腕で支えた花束へLEDの真白いひかり
欄干を飛び越えるにはあまりにも日向に置いた右手がぬくい



0313
泣きたくて泣いてるわけじゃないときのわたしは穴があいてるうつわ

書いてあるとおりに作るそれ以上よくも悪くもならないケーキ
すり切りの余分とされて落とされる側にばっかり立ち続けてる



0318
あったかくなったと笑ってほしくって日向の量を増やしておいた
肌寒い、くらいで済んだ夕暮れにひさしぶりって挨拶をする
うまれたての春は加減を知らなくてわたしの背中を強く押し出す



0328
干したてのタオルケットにくるまって眠ってしまう日向をあげる
おまじないかけたらきみを傷つけるものがきれいに消えますように

log:202203 アイドル短歌

20220321
題:信仰

洗礼を受けなくたって人間を神と信じることはたやすい
発売日まではライブに行くまでは勝手に寿命を引き延ばしてる
偶像はいけないものと教わった子どもはいずれ偶像(アイドル)を知る
f:id:hashi_716:20220401212603j:plain

かみさまは電車にも乗る今ここでおんなじように生きる東京
もう楽になってください かみさまがかみさまじゃなくなった春の日
信じても救いはないと知っている声も立てずに泣いたかみさま
f:id:hashi_716:20220401212618j:plain

吐き出した息は乱れてかみさまも生きてる人とはじめてわかる
残響が伸ばした手足に絡みつく舞台にのびる九つの影
なくなってしまったとして好きだったことを厭わずいると誓うよ
f:id:hashi_716:20220401212633j:plain



20220325
Snow Man 宮舘涼太
お誕生日おめでとうございます!

右の手を掲げて示す誰しもにあなたの愛はひらかれている
薔薇の名の鳥よ歌えよ行く道を存分愉快に彩ってくれ
理屈ならこの身を貫くものひとつ激る血潮の音を聞いたか
f:id:hashi_716:20220401212712j:plain



20220327
Snow Man 深澤辰哉
週刊朝日表紙

やさしさにかたちがあれば深々と降らすあなたを眺めて過ごす
棘のある花にさわった手のひらに傷が増えても構わなかった
くせのない声も遠くを見てた目も消えちゃいそうで忘れられない
f:id:hashi_716:20220401212756j:plain

log:202202 短歌

0203
あるはずのないセンターに駆け込んで足りない夜をやり過ごしたい
遅れてた手紙が届くおもてうら撫でてみてから大事にひらく
無造作に渡してくれた小包があんまりあったかくって困った



0204
街灯は正しくともる 手のなかの、自分のものにはできないことば
階段や横断歩道を行きながらふいに零れるチヨコレイ
全身に纏いつかせて、気付かないふりしてたかったなんていまさら



0205
どうせなら降ってくれれば鈍痛も理由ができて報われたろう
錠剤を水なしで飲む 長引いた喉のつかえを正当化する
手の甲がふれかけただけ(今はもう体温すらも覚えていない)



0206
逆剥けをそうとわかって引っ張った 壊してしまうのなんてすぐだよ
掻きむしる腕や塞いだ耳や目を撫でてく熱があるのならいい
おそらくは会わずじまいになる人はこの遠吠えを聞いただろうか

(連作)
とかさないようにそうっと触るからそばにいること許してほしい
雪だってこぼした声が結晶になって空から手のひらへ降る
滴っていく電線にある雪もきみが堪えたかった涙も
まっさらな雪に足跡つけていくときの音だけ聞こえていてね
頬に降る雪の重みを受けながらステージで見た光を思う
とけてゆくものに名前があることの 冬のにおいを浅く吸い込む
f:id:hashi_716:20220301194631j:plain



0211 題:眠り
綿布団かぶって眠る泥のなか咲かない花の夢を見ている



0213
レトルトのかんたんな熱 泣いたのを火傷のせいとするにはぬるい
かぶりつくファストフードはカロリーの味がしていて安心できる
サンプルのほうがよっぽどおいしそうつぶれた目玉を半分に割る



0219 短詩の風
(既発表2首)
払っても払ってもまだ髪の毛に花びらつけたまんまのきみだ
春先の息がしにくい現象に名前をつけてくれりゃよかった
(新)
雨粒をくぐってきみへ会いに行くなるべく明るい傘をひらいて



0220 題:どうぶつ
抱きしめたくまの体は綿製で埃と涙のにおいがしてた

濡れている目元は雨のせいだってきみが言うのを黙って拭う
飛ばされていかないように指先を互い違いに結んでおいた



0227 題:愛
‪寒いってこぼせばすぐに貼っていたカイロをくれる母というひと‬
‪・‬
さむがりなひとの隣に立っているさみしいなんて思わないでよ
‪こわがりなきみの睫毛が濡れているきれいだなんてうっかり思う‬



‪0228‬
肩の骨掴んでみてもびっくりはしないくらいに許されている
ぐらついたときに伸ばした指先を迷わず取ってくれてよかった

log:202202 アイドル短歌

20220216
SnowMan 目黒蓮
お誕生日おめでとうございます!

目立たない色やかたちの星たちも光年先に生きていること
ぶれんな、と繰り返し言う 吐く息が遠く流れていくのを見てる
歴然とした差があっても走ってくゴールポストは輝いている
f:id:hashi_716:20220301195237j:plain



20220227
Snow Man 深澤辰哉
Gina表紙

まっさらな顔して嘘か本当かわからないこと教えてくれる
悲しみも怒りも愛も薄紙に包んでしまう細い指先
伏せられた瞳は深い色をしてさざなみさえも隠してしまう



20220228
J31Gate 第24回「人」提出作
Snow Man 深澤辰哉
人生のどこかできみとすれ違う 眇めた瞳に日が差している

テーマ「人」を受けて、アイドル全般を主題とした短歌にするか、どなたか個人を主題にするか悩んだのですが、今回ひとつの区切りとして、やっぱり自担の短歌を作っておきたいなあと思ったので、このひとを主題に持ってきました。
物理的にも、ファンになるという意味でも、人生のうちで出会う機会はなくても、アイドルも同じ時代・世界に生きる人間なので、もしかしたらどこかですれ違うことはあるかもしれない。その、あるか分からない一瞬のことを詠みたかった。
また「すれ違う」としたのは、以前に同じく深澤さんを主題として「雑踏を抜けてく夜の交差点決して後ろは振り返らずに」というアイドル短歌を作っていて、そことリンクさせる意図もありました。
交差点ですれ違うとき、真正面から来た人がまぶしそうに瞳を眇める。まぶしい、ということは、その人の行く先には日が差していて、明るい場所であるはず……と、そういった祈りを込めて。



Snow Man 向井康二
親指と人差し指のフレームを挟んでぼくら笑い合ってた

2首提出できるうち、1首は先に決めていたので、折角ならもう1首はまったく違うものにしたいと考えていました。いろいろ考えたのですが、シンプルに何より人が好きなひと、と思ったときにふっと浮かんだのが康二くんのことでした。人が好きで、いろんな人と一緒に笑い合っている、そういった面を詠めたらなあと。
また、康二くんの撮る写真や、そこに写る風景や人物の姿・表情がとても好きなので、写真・カメラにまつわるものに、と思ったのですが、なかなかうまくまとまらず……途中で、以前に行ったライブで、康二くんが手でカメラを作ってメンバーに向けていたこと、相手も少し照れくさそうにしながら笑っていたこと、を思い出して、その場面を描くことにしました。
できれば「人」という語を読み込むこともしたい、とも考えていたので、シンプルな形ではあるのですが、入れたかった要素はまとめられたかなあと思っています。

log:202201 短歌

0112
写真だとよさが伝わらないことはわかってたけど一応撮った
大切にするやりかたをひと通り聞いてまともなふりをしてみる

脳直で喋ってたって流しててくれるおかげで息ができてる
あたりまえだって顔して来年もおんなじ坂をくだりたかった



0114
接続を探しています 輪の中にいつまでたっても入れないゆめ
disconnected 繋いだはずの手にぬるい体温だけを残して



0115
うずくまり泣いてる人を隠そうとセンサーライトがふつりと切れる
ひらかない自動扉の前に立ちぼくは恐らくどこにもいない



‪0120‬
ゆびさきが冷たい あなたは数匹の羊を数えて眠ってほしい
まっさらな雪に足跡つけていくときの音だけ聞こえていてね
‪身勝手な祈りだとして痛むのはこの先ずっとぼくだけでいい‬



0130
大切にしているものを渡してもきみならしっくりくる気がしてる
愛だって言っても笑いはしないとこあなたが思っているより好きだ



0131
情けないぼくをどこかで捨ててきたボールチェーンをつまんで離す
ざらついた舌を落とせずいるのなら向こう百年目覚めずにいろ

滴っていく電線にある雪もきみが堪えたかった涙も
とかさないようにそうっと触るからそばにいること許してほしい