scrap

短歌と感想ほかまとめ

log:202206 短歌

‪0601‬ 相互題詠:沈む 沈まずにいてよ太陽あの人の影とこっそり手をつないでる 沈みたい? 尋ねるずるさを愛してた答えはとうに知ってるくせに 沈むなら一緒がいいねどう見てもふたりのせいとわかりやすくて 沈めても華奢な体は なくていい来世は風呂場の黄…

log:202206 アイドル短歌

20220607 アイドル短歌題詠:「許す」または「青」 最善で最良である別れなどなかった あなたを嫌うわたしを許す いやんなるくらいまっすぐ憎んでて、一生ぼくを許さずいてよ 20220608 Snow Man 深澤辰哉 新アー写 傷つける言いかたばかり上手くなるきみの涙…

雑記:映画 おそ松さん

おそ松さんという世界の中の これは実写映画の世界線、ていう、ある種パロディなので 結果すっと観られたかな〜とか(こういう世界、こういうパターン、みたいな)元の作品が幅広くいろんな世界観を受け止めてくれるからできることだな〜と思っている 映画お…

log:202205 短歌

0504 コミュニティ5月題詠:嘘 痛いとこなんかないって微笑んであなたはやさしい嘘ばかりつく 正しさで出来てるきみに抱かれたいこれも嘘っていうことにして ほんとうはいたかったって聞いてみる そうかもねって嘘つきは言う 0505 好きなひと呼ぶと案外生き…

log:202205 アイドル短歌

20220505 Snow Man 深澤辰哉 お誕生日おめでとうございます! こんなに、とたとえあなたが笑っても百で足らない言祝ぎがある ここは此岸 醒めない夢のただなかできみは静かに手招きをする 青白い星がいちばん熱いのは本当、あの日に見てた照明 街頭の広告に…

短歌/アイドル短歌をつくる

短歌/アイドル短歌を作るにあたり、何となくの感覚でやっていることが多すぎるので、どうやって作っているのか? ということを可視化してみようかと4月頃に思い立ってログを残していました。 そのログを見返して、順番を整えたり、補足をしてみたりしたまと…

2022年 個人発行物ログ

2022年に発行したネットプリントなどのまとめ。記録としてPDF版を公開します。 たぶん随時増えるはず。 ・・・・・ 20220218 ネットプリント「alone together」 2022年1〜2月に作ってTwitterに載せた6首に、もう6首足すかたちで作成したもの。 1首目から順に…

雑記:日食なつこ 蒐集行脚(LINE CUBE SHIBUYA)

ずっと いやだ、この光景を、この音を、できる限り忘れたくない、薄れてほしくない、って思い続けてた ひとつひとつがよすぎて好きすぎて ミメーシスはこれまでより特に曲のうしろにある物語の気配が濃い と思っていたけど それを本当に強く感じたというか …

log:202204 短歌

0402 ADAM at ライブ 日の光 地上に地獄があったって浮き立つ今も嘘じゃなくって この春を残さず食べるカクテルに沈む桜の味を覚える 駅までをライブアレンジなぞりつつ好きのかたちを無数に増やす 0412 いつまでも泣いていようね傷んでるいちごを大きな鍋で…

log:202204 アイドル短歌

20220406 滝沢歌舞伎ZERO 2022 コミュニティ4月題詠:新、咲 まっさらな服を体になじませてようやく春を好きになってく 全身を震わす声を聞き違うことはないって強く誓うよ いつからか咲いてた花にあいさつを 今年もあなたに会えてうれしい 20220410 映画 お…

雑記:滝沢歌舞伎ZERO 2022(新橋演舞場)

歌舞伎は今まで円盤と映画、配信でしか見たことがなくて、はじめて生で見たんだけど、生で見ることが前提なんだなと改めて思ったというか、肌感覚としてすごく感じた映像では納得しきれないというか、無意識に理由とか背景を求めてしまってすっと入ってこな…

log:202203 短歌

0301 短歌桜(3首目のみ新) さみしいとおなかがへったを間違えてぬるいごはんを食べながら泣く くたびれた腕で支えた花束へLEDの真白いひかり 欄干を飛び越えるにはあまりにも日向に置いた右手がぬくい 0313 泣きたくて泣いてるわけじゃないときのわたしは…

log:202203 アイドル短歌

20220321 題:信仰 洗礼を受けなくたって人間を神と信じることはたやすい 発売日まではライブに行くまでは勝手に寿命を引き延ばしてる 偶像はいけないものと教わった子どもはいずれ偶像(アイドル)を知る かみさまは電車にも乗る今ここでおんなじように生き…

log:202202 短歌

0203 あるはずのないセンターに駆け込んで足りない夜をやり過ごしたい 遅れてた手紙が届くおもてうら撫でてみてから大事にひらく 無造作に渡してくれた小包があんまりあったかくって困った 0204 街灯は正しくともる 手のなかの、自分のものにはできないこと…

log:202202 アイドル短歌

20220216 SnowMan 目黒蓮 お誕生日おめでとうございます! 目立たない色やかたちの星たちも光年先に生きていること ぶれんな、と繰り返し言う 吐く息が遠く流れていくのを見てる 歴然とした差があっても走ってくゴールポストは輝いている 20220227 Snow Man …

log:202201 短歌

0112 写真だとよさが伝わらないことはわかってたけど一応撮った 大切にするやりかたをひと通り聞いてまともなふりをしてみる ・ 脳直で喋ってたって流しててくれるおかげで息ができてる あたりまえだって顔して来年もおんなじ坂をくだりたかった 0114 接続を…

log:202201 アイドル短歌

‪20220102‬ ‪Snow Man「Christmas wishes」‬ 欲しかったものをたくさん抱きしめて笑ってみせるきみが好きだよ 雪だってこぼした声が結晶になって空から手のひらへ降る キャンドルが消えても今日がおしまいにならない魔法をかけてあげよう Snow Man「My Sweet…

2021年 短歌・アイドル短歌振り返り

#自選10短歌集2021に参加しました。 自分の作ったものを読み返す、とてもいい機会になりました。 また、いろいろなかたの作品にもふれることが出来て、普段なかなか幅広く読めないでいる人間としては、本当にありがたいなあと思っています。 以下、簡単では…

log:202112 短歌

‪1206 またねって手を振りながらもう話すことはないって思ってしまう 吸い込んだ息が冷たい 泣いたのは反射であって感傷でない ごめんねと打ちかけて消すあなたにはもっと上手に会えばよかった 1214 昔いた小さな町を愛称で呼んでも通じる人を好いてた ・ ぼ…

log:202112 アイドル短歌

20211206 Snow Man 深澤辰哉 習作(バァフアウト) 傷ひとつない指先は奪い取ることも無邪気にこなせてしまう 雪原を汚してしまう恐れなど持ち合わせずに生きていくひと 選ぶのはいつでもあなた まばたいて言い渡される愛の反対 20211226 Snow Man ツアー完…

2021年 個人発行物ログ

2021年に発行したネットプリントなどのまとめ。記録としてPDF版を公開します。 合同で発行したものは除き、個人で発行したものに限って掲載しています。 ・・・・・ 20210221 第1回オンライン短歌市 ZINE/ネットプリント「scrap 2018-2021」 2018年から2021…

2021年に行った美術館・ライブほかまとめ

2021年に行った美術展は30、舞台・ライブは25でした。 以下、感想ツイをベースに時系列でまとめています。 ※各月、「・・・・・」区切りより下は配信ライブなど 1月 眠り展:アートと生きること(国立近代美術館) 2020年はまず長崎県美術館でボルタンスキー…

雑記:日食なつこ ドリップ・アンチ・フリーズ Tour(横浜 1000CLUB)

「峰」、CDで聴くよりもさらに実感として、この1〜2年でなくなってしまったもの、もう元には戻らないものが頭に浮かんで 取り返しのつかなさと、自分は何かをできたのか、ぼんやりしていただけなんじゃないか、ということを思って 泣いたってしようがないの…

log:202111 短歌

1115 初句:泣かないで 泣かないで やさしくなんて聞こえない声しか掛けられなくてごめんね ・ このひとの許せなかったところさえすぐには思い出せなくなった 傷ついてやることはない さかむけを清潔な手で静かにさわる わかってたなんてつぶやくはじめから…

log:202111 アイドル短歌

20211105 Snow Man 渡辺翔太 お誕生日おめでとうございます! わかってるなんて言ったら傷つけることもわかってるけど声に出す 正体を明かせ恐れのまんなかへ突っ込んでって暴ききろうぜ シュガーレスあまさは不意に目を覚ましくちびるの先かすめていった 20…

雑記:KANJANI' S Re:LIVE 8BEAT(横浜アリーナ)

わたしにとっては2年以上ぶりになる、関ジャニ∞のライブ 生で彼らの姿を見られて、ほんとにほんとにうれしかった 無観客でのライブ配信から少しずつ有観客での開催になって その間ずっと、マナーを皆が守って、安全に開催できてきたことが認められた結果、フ…

10首連作「フォーカス」

半券を千切れずにいるチケットをなくさないようそっとしまった うっすらと曇りつづける春先の空にまぎれて消えた花びら ほんとならあなたへ振れた手のひらの行き場がなくてしずかに下ろす つっかえた喉の奥ではいくつもの言葉が息を引き取っている かみさま…

log:202110 短歌

1012 母音が全部aの短歌 あなたなら探さなかった鮮やかな傘ははなから刺さったままだ 墓は空あなたはばかだ硬かった体は彼方たまらなかった バーターは泣かなかったが花束はまさか触らなかった ばかだな わがままなあなたが泣かなかったから真赤な薔薇は枯ら…

log:202110 アイドル短歌

20211004 Snow Man「Sugar」 真っ暗なまんまでいいよお砂糖とスパイス香る指に噛みつく もういっぱいだなんてきみも大概だぼくには全部くれないくせに 何事もなかったように塗り直すリップの色を落としたかった 20211009 10/8素の日常(目黒蓮)ほか もう二…

雑記:日食なつこ ドリップ・アンチ・フリーズ Tour(渋谷 CHELSEA HOTEL)

今ここで これを見られること 聴けること が、ほんとにうれしくってずーっと泣きそうだった めちゃくちゃ楽しかった!! いろんな変なこと言うやつもいるけど 傷つかなくていい わたしが後ろにずっといるから 守るから って(細かい言い回しは違うと思うけど…